耳が遠い人にイライラ!?対処法はコレ!


最近、一人暮らししている母親の耳が、
少しずつ、遠くなってきた。

ついつい、いつも通りの調子で話すと、
どうやら、上手く言葉が伝わっていない
ときがあるようで、


「あっ?あっ?」


と、何度も聞き返され、こちらも疲れていると、
たまに、イラッ!としてしまうこともある。

こんなときに、なにか良い方法はないものか…


耳 遠い イライラ


って、悩んでませんか?


こんな風に、今まで普通に会話していた相手と、
上手くコミュニケーションがとれなくなると、
ついつい、イライラしてしまいますよね。

そこで今回は、
耳が遠い人にイライラしないための対処法を、
ズバッと3つ、ご紹介していきます。

スポンサードリンク


耳が遠い人にイライラ!?対処法はこの3つ!


と、その前に、耳が遠い人に、自分の声をしっかりと
聞き取ってもらうための、基本中の基本となるコツを、
はじめにご紹介しておきますね。


それは、


「話をするときは、大きな声で相手の近くで話すこと」


です。


「そんなの当たり前だろ!」という声も
聞こえてきそうですが、よほど耳が遠い人でない限り、
この基本を守れば、たいていの言葉は通じます。

わざわざ、相手の近くまでいくのが面倒、
と、思われる方も多いと思いますが…


(実際に、私もはじめはそうでした^^;)


きちんと、言葉を伝えたいならば、
これはもう、そういうもんだと割り切って
過ごしていくしかないですよね。

もし、これでストレスが溜まるようだったら、
私と一緒に、カフェで愚痴でも並び立てましょう^^


と、それはさておき、ここからが本題

まず1つ目の、イライラしないための対処法は…

スポンサードリンク


1. 一文一文を、短く区切る!


例えば、あなたが自分のお父さんに、
今日の夕食に、何を食べたいか尋ねたい場合、


「今から、夕食作ろうと思うんだけど、
 お父さん、何か食べたいものとかある?」



というよりも、


「お父さん!ごはん!何食べる!?」


と、一文一文を、短く区切って話したほうが、
情報量が少なくても、結果として、
相手に、真意が伝わりやすくなります。


これは、長い文章をそのまま話すと、どうしても
声が小さくなるところが出るので、短く区切ることで、
それを防ぐことができるのは、もちろんのこと…

聞く相手も余計なことを考えずに、あなたと
コミュニケーションがとれるので、無用なストレス
双方に溜まらないという意味でも、オススメです。

スポンサードリンク



というのも、先ほどのような長い文章で話されると、
相手にとっては、


「【???】、夕食【???】だけど、
 お父さん、【???】ある?」



こんな感じで、耳に言葉が入ってくることになりますよね。


(【???】の部分は、あなたが「何か」を言っているのは
 分かるけど、「何て」言っているのかは分からない)


そうすると、無意識のうちに相手は、
【???】の部分を、自分の頭の中で必死に想像して
キレイな文章を、作り上げようとするわけです。


ちょっと考えてみるとわかりますが、
この作業って、結構ストレス溜まりますよね。

結果、あなたと相手双方にストレスが溜まり、
お互いが、イライラしてしまうことになるわけです。


だから、耳の遠い方と話すときは、
余計な情報は省いて、シンプルな言葉でやりとりをする!

これを意識するだけで、
私のイライラは、かなり改善されましたよ^^


2. 口の形を、相手に見せる!


自分の声が、相手に聞こえていないと思うと、
ついつい、相手の耳元に口を近づけて
話そうとしていますが…

なにも、私たちは声だけで、
コミュニケーションをとっているわけではありません


だからといって、耳の遠い方と話すときに、
外国人並みの、ボディランゲージを使って話せ!
とは、さすがに言いませんが^^;


外国人カップル


で、ここでオススメしたいのが、


「あなたが話している口の形を、相手に見せながらしゃべる」


たったこれだけのこと。

すると相手も、多少言葉が聞き取りづらくとも、
口の形から、何を言わんとしているかを、
容易に理解しやすくなります。

相手に見られていると思うと、あなたも自然と、
はっきりと口を動かすようになったり、口角が
上がったりするので、一石二鳥(三鳥!?)ですよ^^


3. 低めの声で、ゆっくりしゃべる!



「あの人、普段の会話は聞き取ってくれないくせに、
 こっちが、ちょっと小さい声でグチを言うと、
『あっ?何か言ったか?』って、すぐ反応するのよ…」


あなたは、こんな経験ありませんか?


そう、人間の耳には、


  • 聞き取りやすい音域
  • 聞き取りにくい音域


両方があって、経験上どうやら、


「低く、ボソッとしゃべった声」


の方が、相手の耳に入りやすいのです。

ですので、相手に話しかけるときは、


(大きい声で話そうとすると、
 ついつい、声が高くなってしまいがちですが)


意識的に、少し低めの声で、
ゆっくりと、話してあげるようにすると、
すんなり聞き取ってもらえるかもしれませんよ。


と、今すぐできる、イライラしない対処法としては、
この3つがオススメなのですが、手っ取り早い方法としては、
こういった補聴器を使ってもらうのも、一つの手ですね。




⇒補聴器を気軽に試したい方へ!耳穴形
 デジタル補聴器「デジミミ2 左耳用」



本来は、オーダーメイドでしっかりとしたものを
作ってもらうのが一番なんですが、はじめは、
口コミの評価の高い、上のような商品もアリです。

ただ、親につけてもらおうとする場合、
子供から、「補聴器つけたら?」などと言われると、


「そんなもん、必要ない!
 耳なんて全然、悪くないわい!(プンプン!)」



と、聞く耳を持ってもらえないことも多いので、
できれば、


  • お孫さん
  • 親しいお友達


などから、さりげなく勧めてもらうのが、
一番ですね^^;


まとめ&さいごに


今回は、耳が遠い人との会話で、
イライラしないための対処法について、
ご紹介してきました。

最後に、もう一度まとめておくと、
大前提は「大きな声で、近くで話す」こと。


そのほかに、


  • 一文一文を、短く区切る!

  • 口の形を、相手に見せる!

  • 低めの声で、ゆっくりしゃべる!


これらのうち、まずはどれか一つでも意識しながら、
話してみると、今までよりもかなりスムーズに、
相手とコミュニケーションがとれると思いますよ^^

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ