焼肉のカルビの部位!中落ちからカイノミまで一挙公開!


あなたは、焼肉のカルビの部位、
どれくらい知っていますか?



焼肉 カルビ 部位


一口に「カルビ」といっても、そこには、
たくさんの種類があるんですよ。


今回は、


  • 友達との焼肉会で、ウンチクを披露したい

  • 焼肉に行ったら、知らない名前の肉がズラリ。
    この機会に、焼肉のカルビの部位を覚えたい!

  • そもそも、カルビって牛肉のどこ?


そんなあなたのために、これを知らなきゃ
始まらないというカルビの基礎知識から…

カルビをさらに細かく分けた場合の、
各部位の名称や特徴などについて
まとめました^^


お米の入ったお茶碗片手に、美味しそうな
描写が散りばめられているこの記事を読んだら…

読み終わるころにはきっと、お茶碗の中は
空っぽになっているはず!?

スポンサードリンク


これだけはマスト!焼肉カルビの基礎知識2つ!


基礎知識1. カルビの語源は?場所はここ!


焼肉 カルビ 部位01


そもそも「カルビ」とは、朝鮮語で「あばら」のこと。

もっとさかのぼると、モンゴル語で下腹を意味する、
「qarbing」に、たどり着くといわれています。


そんな語源もあって、焼肉で一般的に
カルビといえば、牛肉のあばら骨周辺
ついているバラ肉(ばら肉)のこと。

図で表すと、上の赤い部分で示したあたりが、
カルビということになりますね。


基礎知識2. カルビは、大きく2つの部分に分けられる!


焼肉 カルビ 部位02


そしてこのカルビは、上のように
大きく2つの部分に分けることができます。


はじめの牛の図で、
カルビのうち、牛の前方4分の1くらいの
肩に近い部分を「肩バラ」

それ以外の部分を、「ともバラ」
呼んで区別するのです。


ね?簡単でしょ??


さらに、このともバラは上下に2分割され、
上側(牛の背中側)の部分が「中バラ」
下側(お腹側)の部分が「外バラ」になります^^

スポンサードリンク


いよいよメイン!カルビの部位6つをドドンと公開!


さて、お次はいよいよ記事のタイトルにも
なっている、中落ちやカイノミなどの
より細かい部位について見ていきましょう!


今回ご紹介するカルビの部位は、
全部で6つ


  • それぞれの、部位の名称

  • 肩バラ・外バラ・中バラの、どこに属するか
    (部位名の後ろにカッコ内で表示)


この2つを見出しで示したあとに、
ウンチクを語るのにも使える
よりくわしい解説をしていきますね^^


部位1. 三角バラ(肩バラ系)



まずは、こちらの三角バラから。

この三角バラ、絶妙な霜降り加減と柔らかさで、
カルビの中で、一番美味しいとも言われる、
稀少部位なんです。


焼肉屋さんで、この三角バラを
メニューの中に見つけたら、即座に
注文したいくらい、おすすめの部位です。

(お財布の中身と、相談する必要が
 あるかもしれませんが…)


また、三角バラ自体の名前はなくても、
「特上カルビ」という、名前のメニューがあれば、
それは、三角バラを使用している可能性が高いかも。

ちなみに、三角バラという名前は、
肉を切り取った形が、三角形になっていることから、
その名前がつけられた、と言われています^^


部位2. ブリスケ(肩バラ系)



お次は、ブリスケ(ブリスケット)

こちらも肩バラの一部なのですが、もともとは、
非常に脂が多く商品化するのも難しいような部位。


食感は固く、味もかなり濃厚なため、
焼肉のメニューとして、出される場合は、
薄切りになっていることが、ほとんどです。

大根おろしをのせて食べると、濃厚な肉の旨みと、
大根のサッパリ感が、絶妙にマッチするので、
ブリスケを食べるときには、ぜひ試してみてくださいね^^


部位3. インサイドスカート(外バラ系)

shiinoidさん(@shiinoid)が投稿した写真



お次は外バラ系の稀少部位、インサイドスカート

みなさん、よくご存知である、
牛の横隔膜である、ハラミの近くに位置する、
腹横筋という部分の、お肉です。


ハラミとは違い、こちらのインサイドスカートは、
外バラの内側にあるので、バラ肉(カルビ)に
分類される
というわけですね。

ハラミの近くにあるだけあって、その肉の味には
コクがあり、肉の旨みが強いのが特徴。


タレや塩で食べるのは、もちろんのこと、
このインサイドスカートは、昔多くの焼肉屋さんで
見られた、牛刺しのような見た目をしているので…

生姜(しょうが)醤油で食べるのも、
あっさりと楽しむことができ、おすすめです^^


部位4. ササバラ(外バラ系)



カルビの部位の説明も、いよいよ後半戦

4番目にご紹介するのは、見た目が「笹の歯」に
似ていることから、その名がつけられたササバラ
(別名:牛ササミ)です。

焼肉の部位は他にも「くり」「とうがらし」など、
切り出した際の、肉の形からきているものが、
とっても多いですね^^


さてそんなササバラは、外バラの中でも、
ももの付け根側にあり、肉と霜降りのバランスが、
絶妙にとれた、見た目にも美しい部位。

焼肉屋さんでは、ササバラという名前はもちろん、
「上カルビ」として、このお肉を提供しているお店も、
多いようです。


味もその見た目どおり、脂の甘みと肉の旨みが、
絶妙なバランスで、優しく口の中に広がっていくので、
食べた人は、たちまちその虜(とりこ)になります。

霜がキレイに入っている分、網の上にのせたときには、
ジュワッと脂が出てきやすく、ちょっと気を抜くと、
肉を焦がしてしまうことも多いので、注意してくださいね^^


部位5. 中落ちカルビ(中バラ系)

@yukeen17が投稿した写真



カルビの部位も、いよいよあと2つ!

5番目にご紹介するのは、チェーン店の多くにも、
メニューとして導入されている、みなさんおなじみの、
中落ちカルビ(別名:ゲタ)です。


肋骨と肋骨のあいだに、位置しているお肉なので、
脂がたっぷりと含まれているのと同時に、
肉それ自体の旨みも、しっかりとしているのが特徴。

そのため、脂と肉の旨みが相まって、
かなりこってりとした味わいになるので、
ビールや白米のお供に、ぴったりの部位です。


この味を、少しくどく感じる方は、網の上で、
余分な脂が落ちるまで、しっかりと焼いてから
食べるのがよいでしょう^^

ちなみに別名のゲタというのは、骨から
切り出した形が履き物の「下駄(げた)」
よく似ていることから、きています。


部位6. カイノミ(中バラ系)

s♡さん(@sayaka3238)が投稿した写真



最後にご紹介するのは、カイノミ

このカイノミも、4番目にご紹介したササバラ同様に、
赤みと脂のバランスがよく取れた、稀少部位です。


個人的にはササノミは、インテリな若い子が好んで食べ、
このカイノミは、少し年を重ねた焼肉通の方が、
上品に食べるイメージですね^^

カイノミの場所は、中バラの中でも、
もっともヒレに近い部分なので、ヒレのような、
肉の柔らかさを、感じることができるのも特徴。


きれいなサシが入った赤身肉、全てにいえることですが、
わさび醤油をにつけて食べると、肉の風味を最大限に
楽しむことができるので、おすすめです。

このカイノミも、ご他聞にもれず、
切り分けたときの肉の形が、貝の形に似ていることから、
この名前がついているんですよ。

スポンサードリンク


これであなたもカルビ博士!この記事のまとめ


今回は、コレはマスト!という焼肉の
カルビに関する2つの基礎知識と…

代表的なカルビの6つの部位について、
ドドン!とご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の記事の内容を
ギュッ!と凝縮してまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


焼肉カルビに関する2つの基礎知識は…

  1. 焼肉でいうカルビとは、牛のあばら骨周辺
    ついている、バラ肉(ばら肉)のこと!
  2. カルビは大きく「肩バラ(肩の部分)」
    「ともバラ(それ以外)」の2つにわけられる!


カルビの代表的な6つの部位は…

  1. 三角バラ … 一番美味しいとも言われる稀少部位!
  2. ブリスケ … 商品化するのも難しいレアな部位!
  3. インサイドスカート … コク&旨みの強い部位!
  4. ササバラ … 甘みと旨みの絶妙なバランスが◎!
  5. 中落ちカルビ … ビールやお米のお供にピッタリ!
  6. カイノミ … ヒレのような肉の柔らかさが特徴!


ここまで読んできた内容が、今度はあなたの口から
スラスラと出てくるようになれば、これであなたも
立派なカルビ博士!


今回ご紹介したカルビの部位のすべてを
取り揃えた焼肉屋さんを見つけるのは、
かなり難しいですが…

ぜひ時間をかけてでも、たくさんのお店を周り、
あなた自身の舌でその味を確かめつつ、
稀少部位のコンプリートを目指してくださいね^^


ちなみに、あなたが焼肉をするときは、
炭火派・ガス派どちらですか~?

焼肉!炭火とガスの違いは?
 ぶっちゃけどっちがおいしいの?

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ