風邪だ!発熱時の食事は?子供にもおすすめのレシピはコレ!


「風邪で、発熱しているときの食事で、
 気を付けるポイントって、どんなの?」


なんて、悩んでませんか??


風邪 発熱 食事01


家族が全員風邪気味で、しかも子供に
至っては熱も出ていて、辛そう。

こんなときは、暖かくして安静にするのは
もちろん、食事にもいつも以上に気を遣って
一日も早い回復を目指したいですよね。


そこで今回は、風邪で発熱しているときの
食事で大切になってくる2つのポイントと…

子供にも大好評の、カラダが温まって栄養満点で
しかも美味しい、風邪&発熱時のイチオシメニュー
(レシピ)
についてまとめました^^

スポンサードリンク


まずはコレ!風邪&発熱時の食事で気をつけるべき2つのポイント!


ポイント1. 水分とエネルギーをしっかり補給!


風邪 発熱 食事02


風邪で発熱すると、なにより水分
エネルギーがたくさん消費されます。

そのため食事を摂る際には、いつも以上に
水分を多めにとったり、体のエネルギー源となる
ごはんや麺類を、しっかり食べることが大切です。


私も風邪をひいたときには、まずスポーツドリンクの
ペットボトルを、自分の手の届く範囲に準備する
ところから食事(?)対策をはじめています。

最近では、ペットボトル入り飲料を送料無料で
とても安く購入できるネットショップも多いので、
便利ですしね(重い思いをしなくて済むのが◎!)^^




⇒重い思いをしなくて済んでラクチン!
 ポカリスエット500mlペット×24本入



また、どうしても食欲がないときは
冷たい果物や甘いもので
糖分を補給するのがGood!

特にまだ風邪に慣れていない(?)小さなお子さんは
熱が出たとたん、いつもは普通に食べていたものを、
急に受け付けなくなるコトも多いもの。


そんなときは、普段なかなか食べる機会の少ない
アイスクリームなどを用意して、お子さんを
少しでも元気づけてあげてください^^

アイスクリームには消費期限がないので、
こちらもまとめ買いするのに向いている
商品だといえますね。

スポンサードリンク


ポイント2. ビタミンB1で風邪特有のだるさを軽減!


風邪 発熱 食事03


また、風邪のだるさは、ビタミンB1を十分に
とることで軽減することができます。

ビタミンB1を豊富に含む食べ物は、
豚肉うなぎの蒲焼き、そして絹ごし豆腐など。


風邪でだるさのあるときは、これらを
メニューの中に上手く取り入れて、
だるさの軽減に努めましょう。

ビタミンB1は、水に溶けやすい性質があるので、
おかずは、汁ごと食べられるものにするのが、
オススメですよ^^


このあとご紹介するレシピは、このポイントも
しっかりと押さえたうえでの、おすすめレシピ
なっているので、ぜひトライしてみてくださいね♪


子供にも大人気!風邪&発熱時のおすすめレシピ!

@mayakanakanaが投稿した写真



先にご紹介した、2つのポイントをふまえたうえで、
風邪で熱のある、大人にも子供にもおすすめなのが、
こちらの「豚汁うどん」のレシピ。


うどんで、エネルギー源となる糖分を、
豚肉で、だるさを軽減してくれる、
ビタミンB1を、摂取することができ…

さらに、汁ごと頂くことができるので、
水分補給とともに、加熱によって溶け出した、
豚肉のビタミンB1も、逃さず摂ることができますよ^^


【豚汁うどんのレシピ】

材料(4人分)
  • 豚肉   … 100g
    (しゃぶしゃぶ用がオススメ)
  • 長ねぎ  … 1本
  • 大根   … 1/4本
  • にんじん … 1/3本
  • うどん  … 4玉
  • だし汁  … 1000cc
  • みそ   … 大さじ4
  • しょうゆ … 小さじ1

手順

  1. うどんは予めゆでて、ザルにあげておく

  2. 長ねぎは、斜め切り、
    大根とにんじんは、半月切りにする

  3. 深めの鍋に、ごま油を熱し、
    豚肉・大根・にんじんを炒める

  4. 火が通ったら、だし汁と長ねぎを加え、
    煮立ったら、みそとしょうゆを加える

  5. ゆでておいたうどんを、器にいれ、
    その上から豚汁をかけてほぐせば、完成!


小さいお子さんが、いらっしゃる場合は、
豚肉や野菜を、もっと小さく食べやすい
大きさに切ってあげてくださいね。

さらに体をポッカポカに温めたい場合は、
すりおろした生姜(しょうが)を加えるのも
オススメです^^

スポンサードリンク


まとめ&熱が出るのはカラダが頑張っている証拠!


今回は、風邪&発熱時の食事で意識
したい2つのポイントと、おすすめの
レシピ
についてご紹介してきました。


最後にもう一度、記事の前半でご紹介した
その2つのポイントについてまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


  1. 水分とエネルギーをしっかり補給!
  2. ビタミンB1で風邪特有のだるさを軽減!


風邪で発熱するのは、高温が苦手なウイルスを、
それ以上、増殖できないようにしたり…

ウイルスに対する、免疫活動を活発にさせるために、
あなたやお子さんの体が、頑張っている証拠。


今回ご紹介したポイントをしっかりと押さえて、
あなたや大切なお子さんの体が、風邪のウイルスと
思い切り戦えるような環境を整えてあげてくださいね^^


鼻水が出る場合には、ビタミンAを豊富に含む
レバーを使った料理「ねぎ塩豚レバー」
チャレンジするのもNiceです^^↓

風邪!鼻水に効く食べ物は?
 鼻づまりにもオススメ!

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ