たけのこのゆで方!米ぬかなしの場合は?皮はどうする?


「米ぬかなしの場合の、たけのこの
 ゆで方って、どうやるのかな?」


なんて、悩んでませんか??


たけのこ ゆで方 米ぬかなし


春になると、一度は食べたくなるごはんといえば、
たけのこご飯ですよね!

たけのこ(タケノコ・筍)の香り・食感はもちろん、
旨みが染み込んだ、あのお米のおいしさといったら、
口に入れた瞬間、思わず笑みがこぼれてしまうほどです。


パック詰めされた水煮もいいですが、旨みを
最大限に味わうなら、やっぱり生のたけのこ
買ってきて、自分で調理するのが一番!

でも、家には米ぬかがないから、
あくぬきを、どうやればいいか困っている
なんて方も多いはずです。

そこで今回は、米ぬかがない場合の、
たけのこのゆで方について、まとめました。

スポンサードリンク


たけのこのゆで方!米ぬかなしの場合はコレでいこう!


まず、手元に用意していただくものは、こちら


  •  たけのこ … 1本
  •  生米   … 大さじ3


たったこれだけ。

生米が、米ぬか(米糠)の代わりに
なってくれる、というわけですね。


生のたけのこを買ってくるぐらい、
お料理に対する意識の高い、あなたのお家になら、
まず間違いなく、生米くらい置いてあるでしょう^^

それでは続いて、
実際の工程(レシピ)を見ていきます!


ステップ1. たけのこをゆでる準備をする


たけのこ ゆで方 米ぬかなし02


まずは、固くて食べられない部分
削っていきましょう!

たけのこの、一番外についている皮(外皮)を、
3,4枚はがし、根元のボツボツした固い部分を
切り落とします。


OKですか?


次に、たけのこ全体にスムーズに火が通るよう、
切り込みなどを、入れていきます。

たけのこの、先端部分(穂先)を斜めに切り落とし
さらに縦に1本、深さ1cmくらいの切りこみを、
スーッと、入れていきます。


こうすると、火の通りがよくなって、
たけのこが、柔らかく仕上がるとともに、
あとで皮もむきやすくなるので、一石二鳥です^^

これで、準備はあらかた完了!

お次は、鍋にお湯をセットしていきましょう。

スポンサードリンク


ステップ2. たけのこをゆでる


たけのこ ゆで方 米ぬかなし03


できるだけ大きな鍋を用意して、たっぷりの水を入れ、
そこに、先ほどのたけのこと、米ぬかの代わりになる、
大さじ3杯分の生米を入れます。

これで、セットはOK

強めの火にかけ、沸騰するまで待ちましょう。


沸騰したら、中弱火にしてから、
たけのこがプクーッと、浮いてこないように、
落とし蓋をして、ここから1時間茹でていきます。

たまーに、鍋の様子を見てあげて、
お湯の量が減っているようであれば、
適宜、足してあげるようにしてくださいね^^


1時間ほど経ったら、竹串を、たけのこの
太い部分に刺して、柔らかさをチェックします。

竹串が「スッ♪」と、気持ちよく通れば、
ゆでる工程は終了!


たけのこが大きい場合は、少しゆで時間が
長くなるので、頭に入れておいてくださいね。


3. 最後の仕上げをする


たけのこ ゆで方 米ぬかなし01


たけのこが、柔らかくなったのを確認したら、
そのままお湯から出さず、ゆで汁の中で
ゆっくりと冷ましていきます。

朝にゆでたなら夕方まで、日中~夜にゆでたなら、
翌朝まで鍋の中で冷ましてあげれば、問題ないでしょう。


たけのこが完全に冷めたら、
下ごしらえの完了まで、あともう少し!


冷めたたけのこを鍋から出し、準備したときに入れた
切り込みから、皮を開くようにして、剥いていきます。

このとき残った細かい皮は、火の通り具合を
確認する際に使った竹串で、そぎ落とすようにすると、
比較的ラクチンに、取り除けます。


あとは、表面のぬめりを軽く洗い落とせばOK!

水をはったボウルに入れて、冷蔵庫で保存すれば、
2・3日は、おいしく頂けます。


保存しているときは、毎日水をかえて、
遅くとも1週間以内には、使い切るようにしましょうね^^

スポンサードリンク


さいごに&続いては…


たけのこは、時間が経つにつれて、
その旨み成分が、酵素の働きによって、
えぐみに変わってしまう特徴があります。

この酵素のはたらきは、加熱することによって、
抑えることができるので、買ってきたらできるだけ早く
今回ご紹介したゆで方で、あく抜きをしてあげましょう^^


ということで引き続き、たけのこに
含まれる栄養
とその効果・効能が
気になるあなたは、以下の記事をどうぞ♪

たけのこに栄養はない?効能は?
 煮物にするならここ!

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ