早起きのコツは?習慣化するにはこの3つが超大事!


「朝、早起きするためのコツって、
 いったい、どんなのがあるかな?」


なんて疑問を、抱いてませんか?


早起き コツ


早起きが、健康によいのは理解している
つもりでも、いざ早起きしようとしても、
ついついギリギリまで寝てしまったり…

場合によっては、寝坊してしまったりして、
ぜんぜん朝早く起きられない、なんて方、
結構いらっしゃますよね。。


何を隠そう、私自身も早起きしたい気持ちは
あれど、なかなかソレを実行にうつせない、
ダメ人間の一人でしたからね^^;


でも私自身、いろいろと試行錯誤しながら、
コツコツと工夫を積み重ねていった結果…

今では自然に、朝の早い時間に目が覚める
ようになり、早起きを習慣化することが
できるようになったんですよね^^


そこで今回は、早起きを
無理なく続けたい、あなた必見!

早起きを習慣化するための、
3つのコツ
について、分かりやすく、
かつ、サクサクッ!とまとめました♪

スポンサードリンク


コレを押さえれば完璧!スッキリ早起き3つのコツ!


コツ1. 早起きのメリットを、もう一度きちんと理解する


早起き コツ01


「早起きは健康にいい」と、なんとなく
思っているだけでは、どうしても朝早く
起きることへのやる気は上がらないので…

やっぱり、早起きを習慣化させることは
難しいですよね^^;


ですので、まず最初のコツとしては、
早起きすることによって得られる、
あなた自身のメリット&効果を!

今一度、しっかりとあなたの頭の中に
ビシッ!と叩き込んでおくことが、
すごく大切ってことですね^^


では、具体的に早起きすることによって、
あなたの生活&人生が、どう良くなるのか??

それについても、サクサクッ!と
3つほど、例を挙げておきますね♪


メリット1. 一日を超有効に使える!


早起き コツ02


ご存知の方も、きっと多いと思いますが、
朝の時間って、私たちの脳がビンビンに
働いてくれる、ゴールデンタイムなんですよね。

しかも、朝は昼間や夜と違って、まわりからの
ジャマが入ることも少なく、勉強&仕事&趣味に
がっつりと集中できる時間でもあります。


こんなナイスな朝の時間に、その日の
仕事や勉強を、サクッ!と片付けておけば、
仕事終わりや、学校終わりに、


「あ~、今日の分の仕事(or勉強)
 終わらなかったから、明日もやらなきゃな~」



なんていう、心のモヤモヤを抱えることなく、
遊びや趣味に、思う存分熱中できますよね^^


だから、朝早起きすることは、
一日を、超有効に使える&活用できる
ことに直結しているんです♪


メリット2. あなたの好感度がアップする!


早起き コツ03


これは、パッと今見ただけでは、


「ん?どういうこと??」


と、思われる方もいるかもしれませんが、
朝から元気な人って、基本的に好感度
メチャメチャ高いですよね^^


人と会うときは、第一印象が大事!とは
よく言いますが…

すでに知っている人でも、その日最初に
会ったときの、ファーストコンタクトって、
すごく大切だったりするんですよね。


ということは、あなたが朝早起きして、
元気いっぱい、脳もフル回転、そして
笑顔あふれる状態で、出社or登校すれば…

まわりが抱く、あなたへの印象も、
今よりグンとアップすること、間違いなし!


ということは、朝早起きすることが、
あなたの出世や、恋愛成就にもつながるかも!
ってことですよね♪


メリット3. 時間&ココロに余裕が生まれる!


早起き コツ04


これは、1番目にあげたメリットと、
少しカブるところもありますが…

やっぱり、朝早起きすると、時間は
もちろん、ココロにも余裕が生まれます。


ギリギリまで寝ていると、
朝食の支度をしているときも、


「あの人、そろそろ
 起きてくるんじゃないかしら」



と、無駄にハラハラドキドキして
しまったり、通勤・通学の途中にも、


「あ~、今日はメチャ道混んでるじゃん。
 会社(or学校)間に合うかな~」



と、イライラしてしまうことも、
あるかと思いますが…

早起きすれば、時間にも心にも余裕が
生まれるので、朝からルンルン気分
過ごすことができますからね^^

スポンサードリンク


コツ2. 夜、早く寝るための工夫をする


早起き コツ05


と、こんな感じで、
早起きのメリットを改めて理解したら、
あとは、実際に早起きするだけ!

…と言いたいところですが、やっぱり
夜、スムーズに寝ることができないと、
朝早く起きるのは難しいですよね^^;


ですので、これも基本になりますが、
朝早く起きるためには、夜早く寝るための
工夫をすることが、必要になってきます。

じゃあ、一体具体的には
どんな工夫をすればいいのか??


こちらについても、オススメの方法を
3つ、パパッ!とご紹介していきますね^^


方法1. スマホ・TV・PCの画面は見ない


早起き コツ06


これはもはや、ムダな夜更かしを
しないための、基本中の基本ですね。


スマホの画面から発せられる光は、
私たちが思う以上に、強烈で、
夜寝る前に、眺めていると、


「体はヘトヘト、心もお疲れモードなのに、
 脳だけ覚醒しちゃって、眠れない…」



なんてことに、なってしまいますからね^^;


経験上、ちょっとしたLINEを返したり
するのはOKだとしても、寝る2時間前
あたりからは…

ケータイゲームや、動画鑑賞といった、
長時間画面を見続ける行為は、できるだけ
ヤメることを、オススメしますよ^^


じゃあ、そのポッカリと空いてしまった
時間には、何をすればいいのか?って
話ですが、イチオシなのは、


  • 紙の読書をする(マンガも可)

  • ラジオを聴く(radikoが便利!)

  • 日記を書く&妄想する


このあたりですかね。


とにかく、夜の遅い時間に液晶画面を
見るのを止めるだけで、睡眠の質が
グッとアップするのは、間違いないです。

睡眠の質が上がれば、自然と朝早起き
できることにも、つながりますからね^^


「仕事柄、どうしても夜遅くまで
 PCやスマホを触らないとダメ…」



という方は、パソコンだったら「f.lux」
というフリーソフト、スマホ(Android)
だったら「Twilight」という無料アプリが…

それぞれ、画面から出るブルーライト
カットしてくれるので、ぜひインストール
するとよいですよ♪


実際に、私もこの2つは愛用していますからね^^

スポンサードリンク


方法2. 寝る3時間前には、夕食を済ませる


早起き コツ07


人間の行動の中で、すっごくエネルギーを
使うのって、実は「食べ物を消化すること」
なんですよね。


なので、夜寝る時に、胃の中に食べ物が
残っていると、私たちの体は「消化」
集中してしまい…

その分、どうしても、
睡眠の質が落ちてしまうんですよね^^;


すると、自分的にはしっかりと睡眠時間を
確保したつもりでも、カラダの疲れは
取れないまま、朝を迎えてしまい…

結果、早起きしたくても、体&頭が重く、
ギリギリまで二度寝してしまう、なんて
悲しい事態が引き起こされてしまうわけです。


これを防ぐためには、極力、寝る3時間前
には夕食を済ませ、それ以降は胃に食べ物を
入れないのがベスト。

どうしてもお腹が空いてしまった場合は、
胃腸に消化の負担をかけにくい、
果物(フルーツ)を食べるとよいですね。


中でもバナナは、皮をむくだけで手軽に
食べられちゃうので、オススメです。


ちなみに、早く夕食を済ませておくと、
朝、イイ感じにお腹も減ってくるので…

心地よい空腹感とともに、目覚める
なんていう、今までにない、幸せな
感覚
を味わうこともできちゃいます♪


方法3. カフェインの入った飲み物は避ける


早起き コツ08


2番目の方法と同様に、寝る3時間前ごろ
からは、カフェインの入った飲み物も
飲まないほうが良いですね。


「もう知ってるよ!」という方が
ほとんどだと思いますが、カフェインを
多く含む、代表的な飲み物には、


  • コーヒー

  • 紅茶

  • 緑茶

  • コーラ


こういったモノが、ありますよね。


これらのドリンクの代わりに、
例えば、


  • ココア


  • 豆乳

  • ホットミルク


といったモノを飲むようにすれば、
あなたの睡眠を妨げるようなことは
ないので…

夜はぐっすり、朝はスッキリという、
早寝早起き生活が、自然と身に付く
可能性が、ギュン!とアップします^^


で、厳密にいえば、実はココアには、
カフェインが含まれているのですが、
普通の人なら、気にならない範囲でしょうね。

ただし、中には、カフェインに
敏感な人もいるので、このあたりは、


「昨日は、バイト終わりにコーヒーを
 飲んだからか、寝つきが悪かったな」



といった感じで、自分の生活を
振り返りながら、少しずつ微調整
していくのが、Good!です^^


ちなみに、少しだけ話は脱線しますが
(というかトリビア?)、松任谷由実さん
ご自身のラジオ番組の中で、


「私はコーヒーが好きだけど、お昼を
 過ぎてから飲むと、夜眠れなくなるから、
 午前中にしか飲まないの」



といった旨の発言をしていましたね。


コツ3. 朝、気持ちよく過ごすための習慣を作る


早起き コツ09


早起きすることによって得られる
メリットと、夜スムーズに眠るための
工夫について、理解したら…

あとは、朝、気持ちよく過ごすための
習慣を作ってしまえば、もうカンペキ!


というのも、せっかく早起きしたとしても、
起床後、頭がボーッとする時間が続いたり、
なんとなく、体がダルい時間が続いてしまうと、


「なんだ、せっかく早起きしたのに、
 全然、気分爽快にならないじゃん。。」



と、朝早く起きることに対する
モチベーションが、急激にダウンしてしまう
ことにも、なりかねませんからね^^;


じゃあ、朝の時間を気持ちよく
過ごすためには、いったいどんな
習慣を身につければいいのか?

ココでも、3つの習慣
チャチャッ!と、ご紹介しておきますね♪


習慣1. 朝起きたら、うがいを2回する


早起き コツ10


寝ているときにも、私たちの体は、
私たちのために、いろいろと
働いてくれているんですよね。


で、その中の一つに、


「体の中にある、老廃物や
 悪いモノを、体の外に出す」



っていうモノがあります。


で、こう聞くと、朝トイレに行けば
OKだなって思う人が多いと思うのですが…

下から出ていくものもあれば、
上から出ていくモノだって、
当然あるわけです。


なので、朝起きたらまず、
夜寝ているあいだに、鼻や口の方に
上がってきた老廃物を、外に出すため…

「ガラガラ」と、「クチュクチュ」の
2種類のうがいをすることが大事!


こうすることで、口の中だけでなく、
カラダ全体がスッキリとして、
気持ちの良い目覚めが、実感できます^^


習慣2. うがいをしたら、コップ1杯の水を飲む


早起き コツ11


で、2種類(2回)のうがいが終わったら、
つぎに、コップ1杯の水を、自分のペースで
良いので、グビグビッ!と飲み干しましょう。

ポカリスエットのCMでも言っていましたが、
夜寝ているあいだにも、私たちの体からは
水分が失われているんですよね。


なので、朝起きてうがいで、
口周辺をスッキリさせたあとは…

なるべくスピーディーに水分を
補給することが、大切なポイント。


水分を補給しないまま、メイクをしたり、
着替えをしたりすると、なんとなく
気だるい状態が続いてしまいますが…

コップ1杯の水を飲むだけで、気分&
心がシャキッ!とし、気持ちのいい
朝の時間を過ごすことができますよ^^


ちなみに、飲む水の冷たさ(温度)は、
胃腸に負担をかけない、常温がベスト。


また、夜寝る前にもコップ1杯の水を
飲んでから、眠りにつく習慣をつけると…

眠りの質が、さらにアップし、
快適な目覚めにもつながってくるので、
これもオススメです♪


習慣3. 起床後1時間以内に、一度外に出る


早起き コツ12


朝、太陽の光を浴びると、セロトニン
という物質が、私たちの体内で作られ…

これが、夜のスムーズな入眠につながる、
というのは、睡眠の分野ではよく知られた
お話です。


なので、できれば起きてから1時間以内
少しでもいいので、一度外に出て…

太陽の光を、自然な形で浴びることが、
早寝早起きの習慣に、ダイレクトで
つながってきます^^


当然、太陽の光を浴びたり、外を歩いたり
することで、朝の目覚めも、よりスッキリ
するので、一石二鳥ですしね♪


ちなみに、ここで、


「よし!じゃあこれからは、
 毎朝、散歩するのを日課にしよう!」



などと、張り切りすぎるのは、
経験上、上手くいった試しがありません。笑


なので、最初は、


  • 近くの自動販売機に、朝の目覚めの
    缶コーヒーを買いに行く

  • 近所の神社に、1円のお賽銭を持って、
    お参りに行く

  • 庭の愛犬に、朝の挨拶をして、
    深呼吸して戻ってくる


といった感じで、無理なくできることから
スタートさせるのが、Good!ですね^^


まとめ&さいごに


いかがでしたでしょうか。

今回は、早起きを無理なく習慣化させる
ためのコツ
を全部で3つ、具体例なども
交えながら、ご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の記事の内容を、
ギュッ!と凝縮して、まとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


【早起きを習慣化するための3つのコツ】

  1. 早起きのメリットを、きちんと理解する

    • 一日を超有効に使える!
    • あなたの好感度がアップする!
    • 時間&ココロに余裕が生まれる!

  2. 夜、早く寝るための工夫をする

    • スマホ・TV・PCの画面は見ない
    • 寝る3時間前には、夕食を済ませる
    • カフェインの入った飲み物は避ける

  3. 朝、気持ちよく過ごすための習慣を作る

    • 朝起きたら、うがいを2回する
    • うがいをしたら、コップ1杯の水を飲む
    • 起床後1時間以内に、一度外に出る


で、これを一気にやろうとすると、
おそらくですが、挫折します。笑


なので、できることから少しずつ
実行にうつしていき…

気づいたら、いつのまにか
朝の早起きが習慣化されていた、
っていうのが、ベストですかね^^


今回の記事を参考にしながら、
無理なく、早起きできる体質に
シフトチェンジしていき…

貴重な朝の時間を、一日を、そして
人生を、有意義に使えるライフスタイルを
手に入れたいものですね♪

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ