テニスのサーブの打ち方とコツは?初心者はこの動画をチェック!


「テニスの、サーブの打ち方とコツを
 知って、入れられるようになりたい!」


なんて、思ってませんか??


テニス サーブ 打ち方 コツ


テニス初心者の方にとって、
最初につまずくポイントの1つに
なっているのが、ずばりサーブ!


ダブルスだったら、はじめはペアの
人が引き受けてくれたりしますが、
それでも必ず自分の番はまわってきますし…

サーブが入らないと、何だか相手にも
申し訳ない
気がして、テニスを心から
楽しめなくなっちゃいますからね^^;


そこで今回は、テニス初心者のあなたに
向けて、サーブの打ち方が解説された
見やすい動画をご紹介するとともに…

サーブをバッチリ相手コートに
入れるためのコツ
を、ビシッ!と3つに
絞り込んで分かりやすくまとめました^^

スポンサードリンク


テニスのサーブの打ち方と3つのコツ!動画を見ながらこの場で上達!




テニスのサーブを相手コートに
入れるために重要になってくる
コツは、以下の3つ。


  1. グリップはコンチネンタルグリップで!
  2. トスは両手同時にバンザイするイメージ!
  3. スイングは途中でピタッと止める!


上の動画も一緒に見ておくと、


「私には、こっち(動画or記事に書いてあるコト)
 のほうが、しっくりきそう!」



てな感じで、上手くいくイメージ
つかみやすいと思いますよ^^

スポンサードリンク


1. グリップ(ラケットの持ち方)のコツは?


テニス サーブ 打ち方 コツ01



  • ラケットを持つときは、包丁を握るような
    イメージの「コンチネンタルグリップ」で!

  • 強く握りすぎず、リラックスして持とう!


動画でも紹介されていたように、
サーブを打つときはラケットを、


「コンチネンタルグリップ」


と呼ばれる持ち方で握ります。


持ち方がよくわからないという人は、
ラケットを包丁に見立てて、おままごとをしたり
剣道の竹刀だと思って握ってみてください。

そのときのカタチが、
ずばりコンチネンタルグリップです。


私自身もそうでしたが、
初心者のうちは特に、


「サーブを入れなきゃ!入れなきゃ!」


という思いが強くなりすぎて、
グリップを思い切り握りしめて
しまいがちですが…

ムダな力は入れず、ラケットを握る手は
(というか全身も)ゆったりとリラックス
させてくださいね。


人差し指は浮かせて、残りの4本で
軽く握る
くらいのイメージでちょうど
良いかもしれません♪

スポンサードリンク


2. トスを上手くあげるためのコツは?


テニス サーブ 打ち方 コツ02



  • テニスのサーブを打つときのトスは、
    腕を1本の棒のようにして投げ上げる!

  • ラケットを持つ手も、バンザイするように
    同時に上げると、スムーズにサーブが打てる!


グリップ(ラケットの持ち方)を
覚えたら、次はトスの上げかた。

トスが乱れると、それに合わせて
体を動かさなければいけなくなるので、
どうしてもサーブが安定しませんよね^^;


しっかりとしたトスを上げるには、腕が
1本の棒になるよう、手首と肘を真っ直ぐ
固定して、ボールを真上に投げあげます。

このときテニスボールは、指と手の平の
あいだ
に置いて、軽く握るとよいでしょう。


それから、初心者の方でトスを
「えいっ!」と上げてから!

「よいしょっ!」と、ラケットを
持った手を動かし始めるケースを
よく見かけますが…

これも、体の動きがバラバラ&忙しくなり、
サーブが安定しない原因になってしまいます。


サーブを打つときは、トスと一緒
ラケットを持った手も上にあげて、
ボールを打つ準備を、早めにととのえましょう。

カンタンにいえば、両手でバンザイする
イメージでトスを上げる、って感じですね^^


3. スイングのコツ!一回途中で止めてみる!


テニス サーブ 打ち方 コツ03



  • ボールが落ちてきたら、サーブを飛ばしたい
    方向に面を向けて、ラケットを振る!

  • はじめのうちは、ラケットにボールが
    当たった瞬間に、ラケットを止めてみよう!


そしていよいよ、実際に
サーブを打つ、スイングの段階に!

ボールが落ちてくるタイミングに
合わせて、ラケットを打ちたい方向
ゆっくりと振っていきます。


ボールが当たった瞬間、ラケットの面が
しっかりとボール(サーブ)を飛ばしたい
ほうを向いていることが大切ですね^^


で、はじめは、サーブのスピード
こだわる必要はまったくなく、とにかく
相手コートに入れることが大事なので…

ラケットは、ブン!と振り切らず、
ボールに当たったところで、できれば
「ピタッ!」と止めるようにしましょう。


こうすることで、トスとスイングの
タイミングを合わせるのがカンタンになり、
ボールの飛ぶ先が安定するとともに…

ミスした(変な方向にボールが飛んで行った)
ときにも、ラケットがどこを向いていたか
すぐに確認することができるので、一石二鳥ですよ^^


またもう1つ、サーブ(というか、テニス
全般)をスピーディーに上達させるために
オススメなのが、マイラケットを持つこと。

というのも、ラケットを毎回友達などに借りて
いると、その都度握ったときの感触が微妙に
変わって、経験者でも大変だったりします^^;


最初はプロモデルなどの、高いラケットを
買う必要なんて、まったくないので…

例えば下のような、軽くて扱いやすい
初心者&入門用のラケットをとりあえず
買って、楽しみながら上達しましょう♪↓




⇒ケース付きなのがうれしい!初心者
 &入門者向け硬式テニスラケット



まとめ&サーブの次はフォアハンド!


今回は、テニスのサーブの打ち方
(グリップ・トス・スイング)とコツに
ついて、ご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の記事の内容を
ギュッ!と凝縮してまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


  • ラケットは、包丁や竹刀を持つときと同じ
    「コンチネンタルグリップ」で握る!

  • トスは、腕を棒のように固定し、
    バンザイするように、両手同時に上げる!

  • 初めのうちは、ラケットとボールが当たった
    瞬間に腕を止めて、ボールの行き先を確認!


この勢いで引き続き、フォアハンドの
コツ
も頭に入れておくと、ラリーが
続いてテニスがさらに楽しくなりますよ♪

テニスのフォアハンドが安定しない
 原因は?上手く打つコツは?

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ