冬でも花火が売ってるところは?遊ぶときの注意点はコレ!


冬に突然、花火で遊びたくなる
ことって、ありませんか?



冬 花火 売ってる


最近では、冬に行われる花火大会も多く、
冬の澄んだ夜空に打ち上がる、美しい花火を、
見ていると…


「自分たちでも、花火を楽しみたい!」


と、ウズウズしてきちゃいますよね。


そこで今回は、冬でも花火が売ってるところと、
冬に花火で遊ぶ際の注意点についてまとめました。

冬に楽しむ、線香花火などの手持ち花火も、
夏とは違った趣があって、なかなかよいものですよ^^

スポンサードリンク


やっぱりこの2か所!冬でも花火を売ってるところはココ!


1. 近くにあればGO!ドンキホーテのような大型雑貨店



リアル店舗で、花火を手に入れられる可能性が、
特に高いのは、ドンキホーテ(ドン・キホーテ)や、
東急ハンズのような、大型雑貨店

特にドンキホーテは、季節に関係なく、
様々な種類の、コスプレが並んでいたりと、
欲しいものが、何でも手に入るイメージがありますよね。


冬の夜、急に花火をしたくなったという時に、
夜遅くまで、店が空いているのも、
うれしいポイントの、一つです。

(ただし深夜の花火は、
 ご近所迷惑になるのでやめましょう^^;)



  • 今すぐにでも、花火を買って楽しみたい

  • リアル店舗で、買い物をするところからが、
    花火の楽しみだ!


そんなあなたにオススメなのが、こういった、
大型雑貨店のような、リアル店舗での花火の購入だと、
いえるでしょう。


ちなみに花火に本来、使用期限といったものは、
ありません(目安は、一応10年です)。

なので、お店によっては、その年の夏に、
売れ残ったものを、そのまま倉庫などに、
保存している可能性も、充分にあります。


近所に、おもちゃ屋さんなどがある場合は、
店頭で直接聞いてみるのも、よいかもしれませんね。


2. どこにいても買える!ネットショップ(通販)


冬 花火 売ってる01


一方で確実に、冬でも花火を手に入れられるのが、
ネットショップ(通販)で、花火を注文する方法。

こちらなら、一年中いつでも、
あなたの好きな花火を、オーダーすることができます。


デメリットは、少量の注文だと送料がかかることと、
届くまでに、ちょっと時間がかかることくらい。


  • じっくりと、冬花火の計画を立てている

  • まだ少し、花火をする日まで余裕がある


といったあなたに、特にオススメの方法です。

スポンサードリンク


冬だからこそ!花火を楽しむ際の注意点をチェック!


冬 花火 売ってる02


冬に花火で遊ぶ際に、注意したい点、
それはなんといっても、火の元

冬は夏に比べて、空気が乾燥していて風も強く、
また、落ち葉(枯れ葉)の量も多いため、
花火に限らず、火の事故が起きやすい季節。


花火をする際は、落ち葉の多いところは避け、
周辺に、燃えやすいものを見かけたら、
必ず掃除をするなどしてから、遊ぶようにしましょう。

そうそう、防寒対策も忘れずに行なってくださいね^^


超キラキラ!雪の中での花火も幻想的!


冬 花火 売ってる03


普段、雪のあまり降らない地域に、
住んでいる人にとって、雪の中
花火をするのは、ちょっとイメージしづらいかも。

でも雪の中での花火って、実は花火の光が
雪に反射して、とっても幻想的
シチュエーションを、楽しめるんです。


雪の降った日に、花火で遊んでみると、
今までに経験したことのない、花火の
意外な美しさを、体験できるかもしれませんよ。

ただ、まわりに雪があるということは、
当然、湿気もひどいということ。

雪の近くで、花火を楽しむ場合は、
花火が濡れてしまわぬよう、ビニール袋などを
用意するのを、忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク


まとめ&花火のあとは部屋に戻って…


今回は、冬でも花火が売ってる場所と、
冬だからこそ注意したい、花火で遊ぶときの
注意点についてご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の記事の内容を
ギュッ!と凝縮してまとめておくと、
こういったカタチになりますね^^


冬でも花火が売ってるところは…

  1. ドン・キホーテなどの大型雑貨店
  2. おもちゃ屋さんなどのネットショップ


冬に花火で遊ぶ際の注意点は…

  • 空気が乾燥しており、落ち葉などの燃えやすい
    モノも多いため、夏以上に火の元には注意を!

  • まわりに雪がある場合は、防寒対策はもちろん、
    ビニール袋を用意するなどの湿気対策も忘れずに!


冬の花火には、ちょっとした非日常を味わえる、
ワクワク感をはじめ、夏にする花火とは違った、
楽しみ方がたくさん。

ぜひ今回の記事を参考に、友達・恋人同士で、
冬の花火の時間を、楽しんでくださいね。


くれぐれも寒さで手がブルブル震えて、
持っていた線香花火の火の玉がポトリ、
なんてことにならないようにご注意を^^;


花火を楽しんだあとは部屋に戻って、
温かい鍋でも食べてポカポカになりましょう^^

鍋の美味しい作り方!
 いつもの鍋が超絶ウマくなる裏技5選!

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ