台風はなぜ日本に沿って曲がる?基礎知識を押さえよう!秘密はこれ!


「台風はなぜ、日本に沿って
 曲がるんだろう?」


あなたは、こんな疑問を抱いたことありませんか?


台風 なぜ 日本 曲がる


確かに、過去の台風の進路を見ていると、
南西から北上してきた台風が、沖縄に上陸し、
そこから大阪、さらには東京を含む関東へと…

まるで台風が、日本を狙ってきているのでは、
と思うくらいの進み方をすることも、多いですよね。


そこで今回は、台風がなぜ日本付近で曲がるのか
その理由について、まとめました。

スポンサードリンク


台風はなぜ日本に沿って曲がる?イラストで確認!


台風 なぜ 日本 曲がる01


赤道付近で発生した台風は、はじめ、
その赤道付近に吹いている、偏東風
(へんとうふう)
に乗って西に向かい、その後、


  • 太平洋高気圧付近の、時計回りの風
  • 地球の自転


この2つの影響を受け、
日本に向かって、北上してきます。


このまま北上を続ければ、日本に上陸したとしても、
どこかの、一地方だけを通過して、
そのまま日本海側へと、抜けていくはずなんですが…

ここで登場するのが、偏西風(へんせいふう)


日本に上陸した台風は、この偏西風の影響を受けて、
東に向けて、進路を変えることによって、
まるで日本列島をなぞるように、進んでいくのです。


台風が、あのような不思議な進路をとるのには、
なにも偶然ではなく、こういった地球規模での
大きな力
が働いているんですね。

スポンサードリンク


8月9月に、日本にたくさん台風がくるのはなぜ?


台風 なぜ 日本 曲がる02


毎年8月9月に、日本に台風が、
多く上陸するのは、ちょうどこの時期に、
太平洋高気圧が、日本の近くにあるから。


例年10月になると、太平洋高気圧は、
日本の、はるか南東に遠ざかるため、
おなじく赤道付近で発生した、台風は、


  1. 日本のはるか南東で、くの字を描く
  2. 偏東風により、フィリピン方面に向かう


主に、この2パターンの進路をとるため、
日本には上陸せず、ニュースになることも少ない、
ということなんですね。

逆に言えば、10月になっても、
太平洋高気圧が、日本近海にある場合は、
台風が日本に上陸するケースも、多くなります。


台風のときには、下のような時速100キロ以上の
風でも壊れない、テレビや雑誌でも話題の
「折れない傘」を持っておきたいトコロ。

台風のときだけでなく、普段の雨の日の
お出かけや、梅雨の時期などにも
大活躍間違いなしですからね^^↓




⇒折れない!軽い!しかもオシャレ!
 ブラント(BLUNT)の折りたたみ傘



まとめ&台風時にどうしても外出するときは…


今回は、なぜ台風は日本列島に沿って
曲がるコトが多いのか、その理由について
イラストも用いつつ解説してきました。


最後にもう一度まとめとして、
記事の前半部分にのせたイラストを
こちらにも掲載しておきますね^^


台風 なぜ 日本 曲がる01


毎年夏から初秋にかけて日本にやってきては、
私たちをハラハラさせる台風。


昔は台風がそれることを、あるいは
上陸したとしても、被害が最小限になることを
ただただ祈るだけでしたが…

最近では科学の発達により、以前は
分からなかった台風のしくみなどが、
私たちにも理解できるようになりました。

スポンサードリンク



いざというときに適切な対応をとるために、
今回のような知識を、頭に入れておくことは
とても大切です。

もしものときに備えて、
防災グッズを手元にそろえておくことも、
忘れないようにしたいですね♪


台風時にどうしても外出しなければ
ならない
用事があるという方は、
以下の記事も参考にしてください^^

台風時に外出するときの対策は?
 超重要なポイント3つを確認!

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ