天気記号の一覧!意味を理解すれば暗記もラクチン!


「天気記号には、どんなものがあるか、
 一覧で、ビシッとチェックしたい!」


なんて、思ってませんか??


天気記号 一覧


子供のころ、学校で習った天気記号!


習いたてのころは、テストに出るのはもちろん、
新聞にのっている、天気図を見るのが楽しくて、
頭にこびりついて離れないくらいでしたが…

今では、新聞を読む機会も減ってしまい、
天気記号など、ほとんど忘れてしまった
という方も、きっと多いのではないでしょうか。


そこで今回は、


  • 大人になって、もう一度天気記号を覚えたい人

  • 子供に、天気記号を分かりやすく教えたい人

  • ふいに、理科の授業がなつかしくなった


こんなあなた必見!

天気記号を一覧にして、ご紹介したあと、
覚えやすいように、それぞれの記号に意味づけをして、
まとめましたよ^^

スポンサードリンク


天気記号には何がある?まずは一覧でチェック!


ということでまずは、天気記号の一覧から。


快晴
快晴の天気記号
晴れ
晴れの天気記号
くもり
くもりの天気記号
雨の天気記号
雪の天気記号
雷の天気記号
霧の天気記号
あられ
あられの天気記号
ひょう
ひょうの天気記号
みぞれ
みぞれの天気記号
霧雨
霧雨の天気記号
雨強し
雨強しの天気記号
にわか雨
にわか雨の天気記号
雪強し
雪強しの天気記号
にわか雪
にわか雪の天気記号
雷強し
雷強しの天気記号
煙霧
煙霧の天気記号
ちり煙霧
ちり煙霧の天気記号
砂じん嵐
砂じんあらしの天気記号
地ふぶき
地ふぶきの天気記号
不明
天気不明の天気記号


このように、日本式の天気記号は、
全部で、21種類のマークが存在しています。


「21種類か~、ちょっと多いなぁ…」


と、思ったあなたも大丈夫!

お次は、それぞれの天気記号について、
より覚えやすいよう、意味を加えて見ていきましょう^^

スポンサードリンク


天気記号!意味づけをすれば、暗記もラクチン!


1. 快晴(かいせい)


快晴の天気記号


まずは、雲一つない天気とも言われる、
快晴(かいせい)から。

実際には、空全体のうち、
雲の割合が1割以下の場合を、
快晴と呼ぶことになっています。


そんな快晴のマークは、
シンプルに「○(まる)」

「○」を空(そら)だと考えれば、


「空に一点の曇りもない状態 = 快晴」


となって、覚えやすいですね^^

スポンサードリンク


2. 晴れ(はれ)


晴れの天気記号


お次はこちらもいい天気、晴れ

こちらは、空全体に占める雲の割合が、
2割から8割のときのことを言います。

空の80%に、雲がかかっていても、
晴れなんて、ちょっと不思議な感じもしますね。


そんな晴れの天気記号は、
○(まる)に縦線1本

先ほどの快晴のマーク(○)に、
縦に1本、雲が登場したと考えれば、
暗記もラクチンです^^


3. 曇り(くもり)


くもりの天気記号


そして、お次は曇り(くもり)

空の、9割以上が雲におおわれていて、
かつ、雨などが降っていないときが、
曇りの状態ですね。


そんな曇りの天気記号は、◎(二重丸)


「二重丸 = とてもいい」


というイメージがあるので、
快晴と勘違いしてしまいがちですが…

外の「○」の中に、雲(中の「○」)が、
ぷかぷかと浮かんでいると考えれば、
これも、曇りだとわかりますね。


ある意味、発想の転換が必要な、
天気記号かもしれません^^;


4. 雨(あめ)


雨の天気記号


4番目は、雨(あめ)

雨の天気記号は、●(黒丸)ですね。

雨が降っているときは、空も真っ暗
と、覚えましょう^^


5. 雪(ゆき)


雪の天気記号


サクサクと続いては、雪(ゆき)

雪の天気記号は、○(まる)の中に、
6本の線が描かれたもの。

この6本線をよく見ると、
雪の結晶のように、みえてきませんか?


天気記号 一覧01


こうやって、実際の雪の結晶と関連付けて
覚えれば、暗記もラクラクですね^^


6. 雷(かみなり)


雷の天気記号


6番目は雷(かみなり)

雷の天気記号は、上半分が白丸、
下半分が黒丸というマーク。


天気記号で、上下で色を塗り分けるものは、
のちほどご紹介する、「みぞれ」がありますが、
どちらも下半分を、黒で塗りつぶしています。

私は、記憶が定着するまでは、


「モンスターボールと、色が逆!」


もしくは、


「マルマイン!(これも、ポケモン)」


と、覚えていましたよ^^


7. 霧(きり)


霧の天気記号


続いては、霧(きり)

気象学的には、
1km先の景色が見えない状態のことをさします。


そんな霧の天気記号は、
○(まる)の中に、●(黒丸)が描かれたもの。

このマークは、よーく見ると「目」に見えますよね。

なので、


「視界(目)がさえぎられる → 霧(きり)!」


と、覚えてしまいましょう^^


8. 霰(あられ)


あられの天気記号


霰(あられ)は、空から降ってくる、
直径が5mm未満の、氷の粒のこと。

あられの状態なら、


「わ~!空から金平糖(こんぺいとう)が降ってきた♪」


と、ちょっとメルヘンチックな気分にもなれますが、
これが次にご紹介する、雹(ひょう)にもなると、
車のガラスが割れたりすることもあり、注意が必要です。


そんなあられの天気記号は、
○(まる)の中に、大きな白い△(三角形)を描いたもの。

氷の粒を、カンタンにかいたものが、
○(まる)の中の、△だと考えれば、
イメージしやすいと思います^^


9. 雹(ひょう)


ひょうの天気記号


あられが、直径5mm未満の氷の粒なら、
雹(ひょう)はそれよりも大きい、
直径5mm以上のもの。

先ほども触れましたが、大きいものになると、
傘を突き破ったり、車のガラスを割ったりと、
私たちにとって、とても怖いものになります。


そんな、ひょうの天気記号は、
先ほどのあられの△(三角形)が、
▲(黒の三角形)に、変わったもの。

あられより、ひょうの方が大きく重いので、
黒に塗りつぶすイメージを持てば、
覚えやすいでしょう。


名前の区別も、ひょうは動物のヒョウ
イメージすれば、あられよりも危険(=大きい)と、
区別できますよね。

昭和生まれの方は、あのかわいい、
Dr.スランプアラレちゃんをイメージするのも、
いいかもしれません^^


天気記号 一覧02


10. 霙(みぞれ)


みぞれの天気記号


霙(みぞれ)は、
雨と雪が、同時に降っている状態のこと。

天気記号も、まさに雨と雪が、
半分ずつ描かれたものになっていて、
覚えやすいですよね。


塗りつぶされている(=雨のほう)のは
というのは、さきほど雷のところでも、
前述したとおりです。


11. 霧雨(きりさめ)


霧雨の天気記号


ここから3つは、雨のマーク(●)の右下
文字がついた天気記号が続きます。


で、まずは、雨の天気記号の右下に、
「キ」が書かれた、霧雨(きりさめ)から。

この「キ」はもちろん、
霧雨の頭文字をとったものですね。


ちなみに霧雨とは、霧のように細かい雨のこと。

霧吹きで、水を吹きかけたときの様子を
イメージすると、分かりやすいですよ^^


12. 雨強し(あめつよし)


雨強しの天気記号


続いては、雨の天気記号(●)の右下に、
強い(つよい)の頭文字、「ツ」が書かれた、
雨強し(あめつよし)。

1時間に15mm以上という、
激しい雨が降るときに、この天気記号が使われます。


ちなみに、1時間に15mmの雨というのは、
外や車の中にいると、傘や屋根にあたる雨の音で、
会話が上手く聞き取れないくらいの、強いものです。


13. にわか雨(にわかあめ)


にわか雨の天気記号


そして、雨(●)の右下に、俄か(にわか)の頭文字、
「ニ」の字が書かれたのが、にわか雨。

急に降ってきて、しばらくするとやむ、
一過性の雨のことを、にわか雨と呼びます。


最近では、都市部を中心に、
大きな被害をもたらすことも多い、
ゲリラ豪雨も有名ですね。


天気記号 一覧04


14. 雪強し(ゆきつよし)


雪強しの天気記号


雨のおつぎは、雪の天気記号の右下に、
「ツ」が書かれた、雪強しの天気記号。

雪を降水量に換算して、1時間に3mm以上になる場合、
この「雪強し」のマークが使われます。

降水量に換算、というのは、
カンタンにいうと、雪が溶けたあとの、
水の量だと考えておけば、大丈夫です^^


15. にわか雪(にわかゆき)


にわか雪の天気記号


そして、先ほどのにわか雨同様、
雪のマークの右下に、「ニ」とかかれたものが、
にわか雪の天気記号。

こちらはもはや、説明不要ですね!


16. 雷強し(かみなりつよし)


雷強しの天気記号


もともとの天気記号に、
カタカナが書かれたバーションも、
これが最後。

雷の天気記号の右下に、
強しの「ツ」が書かれたものが、
この、雷強しになります。

この雷強し、気象学的には、


「過去10分以内に、地上への落雷を伴う強い雷電があった状態」


のこと。

こんなときは、外には出ず、
部屋の中で、じっとしているに限りますね^^;


17. 煙霧(えんむ)


煙霧の天気記号


ここから先は、
ちょっとマニアックな部類に入ってきますが、
せっかくなので、この機会に覚えてしまいましょう!

最初にご紹介するのは、煙霧(えんむ)

霧とは違い、空気中にたくさんの、
砂ぼこりなどの、粒子が浮かんでおり、
視界が妨げたれる状態をさします。


そんな煙霧の天気記号は、
○(まる)の中に、∞(無限大)のマークが、
描かれたもの。

この暗記方法としては、空気中に粒子が、
数え切れないほどたくさん(=無限大)
浮かんでいる、と覚えてもいいですし…

無限大のマークが、双眼鏡にも見えるので、
双眼鏡を使いたくなるほど、前の視界が悪い
(=煙霧)と覚えるのもアリですね^^


天気記号 一覧03


18. ちり煙霧(ちり煙霧)


ちり煙霧の天気記号


ちり煙霧は、煙霧の中でも特に、
砂ぼこり火山灰が、空気中にプカプカと漂い、
視界が悪い状態のことをさします。

最近では、中国から飛んでくる、
黄砂(こうさ)が有名ですね。


そんな、ちり煙霧の天気記号は、
○(まる)の中に、英語の「S(エス)」
書かれたもの。

このSは、英語で砂や砂粒を意味する、
「Sand」の頭文字からきています。


ただしこのちり煙霧、視界が2km未満にならないと、
天気記号は使われず…

例えば、外に干してある洗濯物に黄砂がつき、
黄色くなったとしても、気象学的なちり煙霧の
定義を満たすことは、なかなかないんだとか。

実際にあったら、すごく困りそうですが、
それくらい、レアな天気記号だということですね^^;


19. 砂じんあらし(さじんあらし)


砂じんあらしの天気記号


こちらはさらにレアな、砂じんあらし

先ほどのちり煙霧が、視界2km未満なら、
砂じんあらしは視界が1km未満になって、
ようやくあらわれる、地図記号。

このあたりは、軽い会話のネタになるような、
トリビア(豆知識)だと、割り切ったほうが、
覚えやすいかもしれないですね。


そんな、砂じんあらしの天気記号は、
ちり煙霧(○にS)の中に、右向きの矢印(→)
書かれたもの。

ちり煙霧で、さらに風が吹いている状態を
イメージすると、分かりやすいですね^^


20. 地ふぶき(じふぶき)


地ふぶきの天気記号


残る天気記号も、あと2つ!

トリ前を飾るのは、またまたレアな地ふぶき

これは、地面に積もった雪が、
風によって吹き上げられ、それによって、
視界が1km未満になった状態のこと。


天気記号は、○(まる)の中に、
右向き(→)と、上向きの矢印(↑)が、
クロスして書かれたものです。

右向きの矢印が風、上向きの矢印が、
風によって舞い上げられた雪だと考えれば、
分かりやすいですね。


ただ、この17番目から20番目の天気記号、
私は生まれてから一度も、天気図に描かれているのを、
見たことがありません^^;


21. 天気不明(てんきふめい)


天気不明の天気記号


そしてラストは、天気不明

こちらはシンプルに、
その場所の天気が、わからないときに使う、
天気記号です。

マークは、警察署の地図記号とおなじ、
○(まる)の中に、大きな×(バツ)印を描いたもの。


特に、海の上の天気図に登場しがちな、
この天気記号、覚え方は、


「天気が分からない!とりあえず×(バツ)だ!」


と暗記すれば、忘れることはないですね^^


まとめ&続いては…


今回は、天気記号の一覧と、
それぞれの記号の意味づけについて、
まとめてきました。


最後にもう一度、まとめとして、
記事冒頭に登場した、天気記号の
一覧の表をのせておきますね^^

快晴
快晴の天気記号
晴れ
晴れの天気記号
くもり
くもりの天気記号
雨の天気記号
雪の天気記号
雷の天気記号
霧の天気記号
あられ
あられの天気記号
ひょう
ひょうの天気記号
みぞれ
みぞれの天気記号
霧雨
霧雨の天気記号
雨強し
雨強しの天気記号
にわか雨
にわか雨の天気記号
雪強し
雪強しの天気記号
にわか雪
にわか雪の天気記号
雷強し
雷強しの天気記号
煙霧
煙霧の天気記号
ちり煙霧
ちり煙霧の天気記号
砂じん嵐
砂じんあらしの天気記号
地ふぶき
地ふぶきの天気記号
不明
天気不明の天気記号


ということで引き続き、
こちらも天気・気候に関する話題!

台風がよく日本に沿って曲がる理由
気になるあなたには、以下の記事が
オススメです♪

台風はなぜ日本に沿って曲がる?
 基礎知識を押さえよう!秘密はこれ!

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ