2014年ワールドカップを予想!勝ち上がりは?優勝国は?


「2014年の、FIFAワールドカップ、
 優勝するのは、どの国かな?」


なんて、ワクワクしてませんか??


2014 ワールドカップ 予想


6月13日(日本時間)に開幕する、
サッカーの、FIFAワールドカップ・ブラジル大会。

われらの日本代表が、悲願のベスト8、
あるいは、それ以上の勝ち上がりなるか?にも、
注目が集まりますが…


4年に1度しかない、サッカーの祭典、
どうせなら、日本以外の試合にも注目して、
勝ち上がり予想を、楽しんじゃいましょう!

ということで今回は、W杯・2014ブラジル大会の、
グループリーグから、決勝トーナメント、
そして優勝までの、勝ち上がり&優勝国を予想しました。

スポンサードリンク


ワールドカップ2014年大会の予想!グループリーグ編


まずは、予想していくにあたって、
個人的に、あまり重点をおいていない
ポイントを3つ、挙げておきます。


  • FIFAランキング
  • W杯予選の成績
  • 試合会場の気候や、移動条件


FIFAランキングと、ワールドカップ予選の成績は、
あまり当てにならない、というのは、
多くの人の思うところではないでしょうか。

3番目の、試合会場の気候や移動条件については、
もちろん、無視できない項目ではありますが…


W杯という短期決戦のこと、モチベーションで、
カバーできる部分も、少なからずあるだろう、
ということなどから、あくまで参考程度にとどめています。

それでは早速、予選リーグから勝ち上がる、
16チームを、私のサッカー知識をフル活用して、
予想していきます!


グループA



  • 1位 … ブラジル
  • 2位 … クロアチア
  • 3位 … メキシコ
  • 4位 … カメルーン


ワールドカップ常連国の、ブラジルとメキシコに加え、
日本のサッカーファンにも、なじみの深い、
クロアチア・カメルーンがそろった、最もW杯らしい組

ブラジルの1位通過は、固いと思いますが、
難しいのが、2位予想


ドイツ・バイエルンで活躍する、マンジュキッチに、
1998年のフランスW杯で、見事得点王に輝いた、
シュケルの活躍の再現を期待して、クロアチアを2位に。

2位の座を争うメキシコも、予選は苦労しましたが、
現地に、多くのサポーターが集まることが予想され、
決勝トーナメント進出の可能性も、充分にあり


カメルーンにも、頑張って欲しいところですが、
世代交代が上手く進んでおらず、厳しいかな…


注目カード:クロアチア対メキシコ
6月24日火曜日5:00~(日本時間)

2位通過を争うと見られる、クロアチアとメキシコが、
グループリーグ最終節で激突。

他会場の結果を、気にすることなく、
勝ち点を積み上げたほうが、決勝T進出という、
アツい戦いが、期待できます。


スポンサードリンク


グループB



  • 1位 … スペイン
  • 2位 … オランダ
  • 3位 … チリ
  • 4位 … オーストラリア


スペイン・オランダという、ビッグネーム2つの、
存在感がハンパない、グループB。

ここは順当に、1位スペイン・2位オランダの、
決勝トーナメント進出を予想。


3位のチリも、決して侮ることはできない、
いいチームなのですが、グループリーグ初戦で、
スペイン・オランダの2強が、直接対決することもあり…

ここで、勝ち点を挙げられなかったチームが、
死に物狂いで、チリとの戦いに挑んでくることが、
予想されることも加味しての、3位予想です。


オーストラリアが、波乱を起こすためには、
南アフリカ大会での、日本の本田選手のような、
活きのいい若手が出現することが、必須条件ですかね。


注目カード:スペイン対オランダ
6月14日土曜日5:00~(日本時間)

前回2010年大会の、決勝カードが、
なんと大会2日目となる、グループリーグ初戦で実現!

グループリーグ突破が予想される、2チームですが、
この初戦を落とせば、たちまち暗雲が立ち込めることから、
緊張感のある戦いが、予想されます。



グループC



  • 1位 … コロンビア
  • 2位 … 日本
  • 3位 … コートジボワール
  • 4位 … ギリシャ


われらの日本代表が入った、グループC。

ブラジル・スペインなどの、名前を聞いただけで、
震え上がってしまうような、サッカー超大国は、
存在しないものの…


バランスの取れた南米の強国、コロンビアに、
アフリカNo.1の陣容を誇る、コートジボワール、
さらには堅守がウリのギリシャと、曲者ぞろい

日本のカギとなるのは、間違いなく、
初戦のコートジボワール戦でしょう。


前回の南アフリカ大会で、同じアフリカ勢の、
カメルーンを、本田選手のゴールで下して、
勢いに乗ったのも、記憶に新しいところですしね。

個人的には、ドログバらの黄金世代にとって、
おそらく、最後のW杯になるであろう、
コートジボワールに、頑張ってもらいたいのですが…


不運にも(?)日本と同じグループに
なってしまったので、ここは泣く泣く、
予選敗退と、させてもらいました。


注目カード:コートジボワール対日本
6月15日日曜日10:00~(日本時間)

日本にとって、最初の山場となる、
コートジボワール戦

幸運にも、キックオフ時刻は日曜朝10時と、
前回大会の、デンマーク戦のように、
変な時間に起きたりする、必要もなし。

6月15日はテレビの前で、片ヒザ立ちして、
口を手に当て、地面を向き、

「ブラジルの日本代表の人たち、聞こえますかー!」

と、みんなで大声援を送りましょう。笑


スポンサードリンク


グループD



  • 1位 … イタリア
  • 2位 … ウルグアイ
  • 3位 … イングランド
  • 4位 … コスタリカ


ワールドカップの優勝経験国、3つが集まり、
「死の組」とも称される、グループD。

確かに、イタリア・ウルグアイ・イングランドの、
3チームは、すべて決勝トーナメントでも、
その姿を見たい、いいチームですよね。


そんな中でもイタリアは、ベテランと若手が上手く融合し、
今、もっともバランスが取れているチーム、
と言っても、過言ではありません。

2位通過は、南米開催という地の利も活かし、
ウルグアイが、シード国の底力を見せると予想。


イングランドが、このグループを勝ち抜くためには、
W杯予選最終盤に見せた、攻撃的なサッカーを、
貫き通すことが、重要だと思います。


注目カード:イングランド対イタリア
6月15日日曜日10:00~(日本時間)

ヨーロッパの、伝統国同士の一戦。

このどちらかが、予選リーグで敗退してしまう可能性が、
少なからずあるわけで、そんな意味でもしっかりと、
両チームの戦いを、目に焼き付けておきたい試合です。



グループE



  • 1位 … フランス
  • 2位 … エクアドル
  • 3位 … スイス
  • 4位 … ホンジュラス


シード国がスイスという、中堅国(?)だったため、
抽選会の途中までは、ちょっと地味なグループでしたが、
最後にフランスが入り、彩りが添えられたグループE。


ホンジュラスを除いた3カ国が、決勝トーナメントに
進出できる、2枠を争うことになりそうです。

(ホンジュラスの方、ごめんなさい。
 ホンジュラスのコーヒー、大好きです)


フランスは最近、まるでアフリカの国かと
思うような、チームとしてのまとまりのなさが、
目に付いてしまいますが…

やっぱり、このグループEの4ヶ国の中では、
一番何かやってくれそうなチームということで、
1位通過を予想。


2位通過は、注目カードの部分でも書きますが、
「矛(ほこ)」のエクアドルと、「盾(たて)」の
スイスの、一騎打ちになると見ます。


注目カード:スイス対エクアドル
6月16日月曜日1:00~(日本時間)

両チームにとって初戦ながら、グループリーグ突破を
占う意味で、とても大事な一戦

守備の難を攻撃力でカバーする、エクアドルの「矛」が、
絶対的なストライカー不在の中、鉄壁の守備で、
欧州予選を突破した、スイスの「盾」を破れるかが見所。

私はここで、エクアドルが南米パワーを見せつけて、
勝ち点3をもぎ取り、決勝トーナメントに進出する、
と見ていますが…

もし、この試合が引き分けだった場合は、
3試合合計の勝ち点で、両チームが「3」で並び、
得失点差で、スイスが決勝Tに進むかもしれません。



グループF



  • 1位 … アルゼンチン
  • 2位 … ボスニア・ヘルツェコビナ
  • 3位 … ナイジェリア
  • 4位 … イラン


今大会、唯一のW杯初出場国となる、
ボスニア・ヘルツェゴビナの入った、グループF。

バルセロナでの輝きを、代表でも放てるようになった、
メッシを擁する、アルゼンチンの1位通過は固いところ。


2位通過がどこになるかに、焦点が集まりますが、
魅力的なアタッカー陣を、前線にそろえる、
ボスニア・ヘルツェコビナを、2位に推します。

オシム元日本代表監督も、精力的に母国のために
動いており、日本人にとっても、思わず、
応援したくなる国の、一つではないでしょうか。


注目カード:アルゼンチン対ボスニア・ヘルツェゴビナ
6月16日月曜日7:00~(日本時間)

優勝候補の一つに挙げられる、アルゼンチンに対して、
初出場の、ボスニア・ヘルツェゴビナが、
どれだけの戦いを見せてくれるのか、注目の一戦。

ボスニア・ヘルツェゴビナのストライカー、
ジェコは、オールラウンドな点取り屋で、
今大会、ブレイクする可能性のある一人です。



グループG



  • 1位 … ドイツ
  • 2位 … ガーナ
  • 3位 … アメリカ
  • 4位 … ポルトガル


「4チーム全てが、一定のレベルに達している」

という観点で見れば、このグループGこそ、
一番の、死の組かもしれません。


そんな中でも、ドイツの近年の戦力の充実ぶりには、
目を見張るものがあり、今大会も文句なしの優勝候補だと
いえるでしょう。

もう1つの枠を、ポルトガル・ガーナ・米国
3カ国で争うことになりそうですが、ポルトガルは、
C.ロナウドへの依存度が、ずっと高いままなのが不安材料。


ということで2013年後半になって、ボアテングなど、
有力選手の復帰が続々と発表された、ガーナに、
前回大会に続いての、躍進を期待したいと思います。

もちろん、毎回通好みのいいチームを送り込んでくる
アメリカにも、決勝トーナメント進出の可能性は、
充分にあり、予想が最も難しいグループです。


注目カード:ドイツ対ガーナ
6月22日日曜日4:00~(日本時間)

ガーナ代表の兄、ケヴィン=プリンス・ボアテングと、
ドイツ代表の弟、ジェローム・ボアテングの兄弟対決に、
注目が集まる一戦。

他にもこの組では、ドイツの元スーパーストライカー、
クリンスマンが、アメリカ代表監督を務めているなど…

サッカーファンのみならず、マスコミが注目しそうな、
ネタが、ごろごろと転がっているのが特徴です。



グループH



  • 1位 … ベルギー
  • 2位 … ロシア
  • 3位 … 韓国
  • 4位 … アルジェリア


私が今までに見てきた、全てのW杯の中でも、
かなり地味なグループに入る、今回のグループH。

海外のサッカーファンからは、2002年大会のH組
(日本・ベルギー・ロシア・チュニジア)の方が、
地味だったよ!と言われそうですが^^;


そんなH組の中でも、シード国・ベルギーの、
優位は揺るがないでしょう。

2位通過の座をめぐる争いは、ロシアと韓国
一騎打ちになる可能性が、高そうです。


アルジェリアも、ヨーロッパ生まれの、
若い選手たちが、その才能を本大会で、
開花させることができれば、台風の目になるかも!?


注目カード:ロシア対韓国
6月18日水曜日4:00~(日本時間)

監督として長年の経験がある、名将カペッロと、
韓国国内で、圧倒的なカリスマ性を誇る、
ホン・ミョンボの、監督対決に注目。

監督といえば、ベルギーの監督・ヴィルモッツ
日韓大会ではホン・ミョンボ同様、同国の主力選手として、
活躍していたのが、記憶に新しいところですね。



とここまでが、グループリーグの予想

特に意見が分かれそうなのは、スイス・ポルトガル・
イングランド・コートジボワール・メキシコあたりの、
予想敗退予想かな?


伝統国以外では、クロアチア、日本、ガーナ、
ボスニア・ヘルツェコビナ、の4カ国が、
旋風を巻き起こしてくれることを、期待したいですね。


2014 ワールドカップ 予想01


お次は、決勝トーナメントの予想に移りますが、
その前に一旦、小休止。


前回、2010年南アフリカ大会の、
ビューティフルゴールを集めた動画を見て、
当時の感動を、呼び起こしましょう。



こうやって見てみると、ほとんどのゴールが、
記憶に残っているものばかりなのですが…

特に、7位のクラリャレッラ(イタリア)のゴールと、
4位のテベス(アルゼンチン)のゴールは、
同じような位置から、全く違うタイプのフィニッシュ!


観ていて思わず、「ワーオ!」と唸ってしまう、
美しいor豪快な、最高のシュートです。


いよいよ決勝トーナメント!優勝するのは?


決勝トーナメント1回戦



ブラジル(A組1位)対オランダ(B組2位)
→ ブラジル




いきなり、決勝トーナメント初戦から、
アツい組み合わせとなる、地元・ブラジルと、
前回大会準優勝・オランダの一戦。

国民の大歓声を受ける、ブラジルの勢いに、
優勝を狙うには、やや物足りない印象の、
オランダの守備陣が、飲み込まれると予想。


しかし、もしグループBの2位がスペインだったら、
ここで早くも、優勝候補の2チームが激突することに
なるんですね^^;



コロンビア(C組1位)対ウルグアイ(D組2位)
→ コロンビア




ブラジル・アルゼンチンに次ぐ、南米3位に
食い込むのは俺たちだ!という声が聞こえてきそうな、
コロンビア対ウルグアイの、南米同士の一戦。

コロンビアのファルカオと、ウルグアイのスアレス&
カバーニの、ストライカー対決に注目ですが、
今回はシード国、コロンビアに軍配。


「コロンビアといえば、バルデラマ」という、
多くの、ライトなサッカーファンが持っている印象が、
この大会で一変するのは、間違いないでしょう。



スペイン(B組1位)対クロアチア(A組2位)
→ スペイン




無敵艦隊スペインの、決勝T初戦の船出は、
獰猛(どうもう)なフォワード、
マンジュキッチを擁する、クロアチアとの対戦。

このあたりは波乱なく、スペインが地力の差
見せつけるでしょうし、それを願うサッカーファンも、
多いことでしょう。


それにしても、スペインのゴールマウスを守るのは、
カシージャスになるのか、あるいはビクトール・バルデスか、
大会が始まるまで、目が離せませんね。



イタリア(D組1位)対日本(D組2位)
→ イタリア




サムライジャパン、決勝T初戦の相手は、
前回大会、まさかの予選リーグ最下位という、
屈辱を味わった、イタリア。

ザッケローニの母国、イタリアを破って、
初のベスト8進出!と行きたいところですが、
ここは冷静に考えて、イタリアの勝ちでしょう。


日本が勝つためには、とにかく90分間、
前線からのハードワークを続けて、
DF陣の負担を減らすことが、大前提ですね。



フランス(E組1位)対ボスニア・ヘルツェゴビナ(F組2位)
→ ボスニア・ヘルツェゴビナ




グループリーグの予想が、当たった場合、
決勝T1回戦で、もっとも面白くなりそうなのが、
このフランス対ボスニア・ヘルツェゴビナの戦い。

個人的にこの大会は、ボスニア・ヘルツェゴビナのFW、
ジェコがブレイクすると踏んでいるので、この試合でも、
見事ゴールを決め、ベスト8進出を予想(期待?)します。


強豪国と比べると、どうしても選手層の薄さ
否めませんが、決勝トーナメント1回戦までなら、
とにかく気合いで、乗り切れるはず!



ドイツ(G組1位)対ロシア(H組2位)
→ ドイツ




クロアチアが、スペインに勝つ可能性よりも、
ロシアが、ドイツに勝つ可能性の方が、
少ないと見ている、私。

ロシアの名将・カペッロは、2018年までロシアとの
契約が残っているので、次回大会にも、ぜひ戻ってきて
欲しいですね。


一方のドイツは、死のグループを突破したあとは、
初戦はロシア、準々決勝はボスニア・ヘルツェゴビナと、
自国から見れば、格下相手との対戦が続きます。



アルゼンチン(F組1位)対エクアドル(E組2位)
→ アルゼンチン




比較的余裕を持って、予選リーグを突破してくるはずの、
アルゼンチンと、スイスとの激闘を制して、
勝ち上がってくると予想した、エクアドルの南米対決

4年前の南アフリカ大会とは違い、至宝・メッシを、
最大限に活かすための、チームづくりを進めてきた、
アルゼンチンが、危なげなく決勝T初戦を制すと予想。


エクアドルが、ノーガードの打ち合いに持ち込み、
スタジアムの雰囲気を一変させれば、もしかすると、
ビッグサプライズも、起こる…かな?



ベルギー(H組1位)対ガーナ(G組2位)
→ ガーナ




決勝トーナメント1回戦、最後の試合となるのは、
最強のダークホース・ベルギーと、死の組をギリギリで
勝ち上がってきたガーナの、チョコレート対決(!)

2010年大会、準々決勝のウルグアイ戦で、
PK戦の末破れた、悔しさを晴らすべく、
アフリカの雄・ガーナが、準々決勝に進むと予想します。


ベルギーの面々はまだ若いので、今回のW杯での、
経験を活かし、次回大会では、正真正銘の優勝候補
呼ばれるように、なっていて欲しいですね。


2014 ワールドカップ 予想02


準々決勝



ブラジル(A組1位)対コロンビア(C組1位)
→ ブラジル




準々決勝最初の試合は、開催国・ブラジル対、
決勝T初戦でも南米勢、ウルグアイを下した、
シード国・コロンビアの一戦。

これで両チーム5試合目となり、そろそろ疲労が
溜まってくるころですが、まさにこのあたりで、
ブラジルの選手層の厚さが、効いてくる予感がします。


逆にコロンビアは、ベスト8(準々決勝)まで進めば、
ブラジル戦で、よほどひどい負け方をしない限り、
シード国としての責務を果たした、と言われるでしょう。



ボスニア・ヘルツェゴビナ(F組2位)対ドイツ(G組1位)
→ ドイツ




初出場ながら、見事決勝トーナメント1回戦を突破した、
ボスニア・ヘルツェゴビナと、天才・エジル擁する、
優勝候補ドイツの、ヨーロッパ対決。

エジルやゴメス、あるいはポドルスキといった、
ドイツの攻撃陣が、ボスニア・ヘルツェゴビナの、
守備陣を圧倒し、順当に準決勝にコマを進めると予想。


W杯予選や親善試合では、意外と完封勝利を収めた
ゲームがそれほど多くないドイツの、わずかなスキを、
ボスニア・ヘルツェゴビナが突ければ、面白いですね。



スペイン(B組1位)対イタリア(D組1位)
→ イタリア




決勝トーナメント最初の山場は、このスペイン対
イタリアという、ヨーロッパ勢の優勝候補同士の、
一戦だといってよいでしょう。

イタリアがスペインを、ここで下すと予想しましたが、
それだけ今回のイタリアは、本大会に向けて、
最高に順調なチームづくりが、できています。


スペインにも、プジョルやカシージャス、シャビなど、
今大会が、最後のW杯になりそうな選手が多いだけに、
頑張って欲しいですが、W杯連覇というのは難しい…



アルゼンチン(F組1位)対ガーナ(G組2位)
→ アルゼンチン




アフリカ勢で唯一、ベスト8まで勝ち上がってきた、
ガーナですが、同じ攻撃型チームのアルゼンチンに、
ゴール数で上回る結果を残すのは、厳しいかな^^;

アルゼンチンと当たる相手は、いつでも、
大量失点を喫する可能性がある、と言っていいくらい、
今大会のチームは、攻撃力がピカイチです。


アルゼンチンが、F組に入ったこともあり、
ブラジルともども、予選を順当に1位で通過すれば、
決勝での南米2トップ対決が、見られるかも!?


準決勝



ブラジル(A組1位)対ドイツ(G組1位)
→ ブラジル




本来なら、このカードは予想など一切せずに、
ゲームの行方を、ただひたすらに見守りたい…、
そう思うほど、アツい試合が予想される一戦。

本大会では、何が起こるかわかりませんが、
開催地・選手層・名将など、さまざまな要素を総合的に
見ていくと、より勝利に近いのはブラジルでしょう。


ドイツは、影の大黒柱だった、
MFケディラの大怪我が、チーム全体にどんな影響を
及ぼすのかにも、注目して見ていきたいですね。



イタリア(D組1位)対アルゼンチン(F組1位)
→ イタリア




決勝は、ブラジル対アルゼンチンの南米対決で、
スタジアムは大盛り上がり!なんてのも、
もちろんいいのですが、予想はイタリア

世界最高プレーヤー・メッシ擁する、アルゼンチンと
戦ったとしても、今のイタリアが、負けてしまう所を、
私はどうしても、想像できないんですよね。


ピルロやブッフォンなど、大好きな選手を、
W杯という大舞台で見れるのも、これが最後かも
しれないという思いが、そうさせているのでしょうか^^;


3位決定戦



ドイツ(G組1位)対アルゼンチン(F組1位)
→ ドイツ




こちらが決勝戦になっても、全くおかしくない、
ドイツ対アルゼンチンの、超ビッグネーム対決が、
3位決定戦で実現。

あれっと思い調べてみたのですが、意外にも
アルゼンチンは、1990年のイタリア大会以来、
ベスト4に進んだことがないんですね。


両国とも、次々と才能ある選手を輩出しているので、
もしかしたらこの試合では、次の世代を担う
有望選手
を発掘できるかもしれません。




⇒試合開始10分前まで購入できて
 超便利!Club toto無料会員登録


決勝



ブラジル(A組1位)対イタリア(D組1位)
→ ブラジル




ロベルト・バッジョの、PK失敗シーンも
記憶に新しい、1994年・アメリカ大会の再現となる、
ブラジル対イタリアの決勝戦。

決勝カードは、ブラジル対スペインと予想する人が、
多いような気もしますが、W杯に向けて、
最高の準備をしてきたイタリアを、決勝の舞台で見たい!


でも、優勝するのは、やっぱりブラジル!

長い移動距離で、選手の疲労もピークを迎える中、
セレソンが選手層の厚さを活かして、試合を優位に進め、
最後はネイマールが決める、というのが私の予想です。


2014 ワールドカップ 予想03

まとめ&さいごに


と、こんな感じで、予選リーグ突破チームと、
決勝トーナメントの勝ち上がり、そして優勝国を
予想してきました。

オランダなどの強国が、シードになっておらず、
逆にスイスやベルギーが、シードになっているため、
何を持って「波乱」と呼ぶのかが難しい、今大会。


それでも予想もつかない、あっと驚く出来事が、
大会中には、起こることでしょう。

当たる訳ありませんが、もし今回予想が、
バシバシ当たってしまったら、それはそれで
拍子抜けしてしまいそうです^^;


こうやって、あらかじめ勝ち上がりや優勝国を
予想しておくと、試合観戦やスポーツニュースを
チェックするのが、何倍にも楽しくなりますよ。

大会が終わった後に、友達と予想を振り返りながら、


「いや~、まさかここが勝ち上がるとは思わなかったよ」


と、お酒を飲みながら語り明かすのも、
なかなか楽しいもの。


ぜひあなたも、ワールドカップの勝ち上がり&
優勝国予想、やってみてくださいね^^

予想しながら、各国のことを詳しく調べているうちに、
テンションが上がり、あなたもブラジルまで、
弾丸ツアーで、飛んでいきたくなってしまうかも!?

スポンサードリンク

Pocket

4 Responses to “2014年ワールドカップを予想!勝ち上がりは?優勝国は?”

  1. ロートル より:

    予想、楽しくませていただきました。
    6月に向けて気分が盛り上がってきて、私も自分なりの予想を煮詰めたくなりました。
    W杯の予想は当たるか当たらないかより、予想の筋道を自分なりの理論で立てるのが楽しいですよね。
    楽しい記事をありがとうございました。

    • ニュース豆知識・基礎知識 管理人 より:

      ロートルさま

      大変遅くなりましたが、ご返信いたします!

      ご覧のとおり、私の予想はズタボロでした。。

      しかし!W杯は素晴らしい試合の連続で、テンションあがりっぱなしでした!

      日本代表に関しては、今後のアギーレ新体制にも期待したいですね^^

  2. より:

    カガーワ!
    ホンダ!
    ナガトーモ!

    スペインとの対決が見たい。
    大久保の打き気と遠藤の集大成に期待。

    • ニュース豆知識・基礎知識 管理人 より:

      蹴さん

      大変遅くなりましたが、ご返信いたします!

      日本代表、残念な結果に終わってしまいましたね^^;

      これからの、アギーレ新体制にも期待したいですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ